屋久島里程標・・・アドバイス・・・

旅計画のポイントtopイメージ

旅計画のポイント

屋久島の紹介でも触れているように、雨が多い、春・秋は結構寒い、意外に大きい(移動距離が長くなる)、見所も多い・・・ 等々・・・の意味で、快適な旅にするには幾つかポイントが有ります

ここでは、旅を快適にし、良い想い出を沢山作るためのポイントを幾つかご紹介したいと思います

計画を立てるに当たって・・・屋久島特有の条件

  • 島としては意外と大きく、路線バスなどは本数が少ないため移動に計画性が必要
  • 急峻な山が多く、体力を要するコースが多い
  • マイナーなコースでは登山道が荒れており、地図の時間よりも多くかかる所もある
  • 雨が多く、雨対策の装備と覚悟が必要
  • 大雨の時や後は増水の危険性と渡渉ができなくなる場所もある
  • 山・森の中は携帯が圏外の場所が多い
  • メジャーなコース以外トイレは無い

行きあたりばったりで、どうにかなるさ・・・で、何とかなると言うには制約が多すぎる・・・ 事前の準備が必要ということはお分かり頂けると思います

どこを訪れるか?

屋久島全体図

左の図は、屋久島の主な見所です
(クリックすると拡大します)
この地図の島を一周する県道が約96Kmあります・・・
意外と大きいですよね?

本やネットで行きたい所を探すことになりますが、当サイトではツアーコース 見所・遊びを参照してください
各所の地図、概略、行程、交通機関、アドバイス、写真などが記載されています

赤い線はバス路線です・・・島の西側(西部地域:永田~大川の滝まで約20Km)は交通機関はありません

赤い文字は港湾・空港の位置
宮之浦~空港~安房港間の距離はそれぞれ約10Kmです
※登山用品のレンタルを利用する人は、お店が宮之浦と安房にしかないので、どの港に発着するかは思ったより全体の計画に影響します

行きたい所をうまく回るためには島の全体像を把握することが大切です

*初めて屋久島を訪れる人

まず、有名所を中心に・・・
体力が有れば、まず縄文杉、そして白谷雲水峡の太鼓岩まで・・・千尋滝、大川の滝(日本滝百選)等・・・

有名所はつまらない?・・・いいえ、良い所だから有名になるのです!
あまりマイナーなところばかり狙うと、帰ってから屋久島に行ったことがある友人と話をしてもかみ合わないかも?

できれば、時間に少し余裕を作り、里でコーヒーを飲みながら、山に掛かる雲の動きをのんびり眺めるなど、贅沢な時間を作れるといいですね!・・・

くれぐれも、欲張って、あっちを半日、こっちを半日という計画を組まないことが肝心です

*リピーターの人

ゆったりとした計画を組むことが大切と分っていても・・・一度目は、どうしても沢山回りたいのが人情というもの・・・一度目にゆっくりと眺められなかった景色をもう一度・・・・・というのも有りです!

天候によって同じ場所が全く表情を変えることも有りますし・・・太鼓岩の上で雲の動きをゆっくりと眺めて・・・など・・・

心にゆとりを持ち、ゆっくりと時間を掛けると、風の音や沢のせせらぎ、鳥の声等が聞こえてきます・・・時間に追われてトレッキングしていたので気付かない、自然の息吹を感じられる行程にしたいですネ!

体力が有れば、宮之浦岳(日本山百選:九州の最高峰)に挑戦!・・・太忠岳も山頂の大岩、天柱石が面白い・・・
蛇ノ口滝は秘境の雰囲気・・・まだまだ、良いところは沢山・・・

トレッキングと雨

*天気予報の確認

何を当り前なことを・・・と思うと、これが意外と気を使わないといけないのです・・・何故かと言うと・・・屋久島では、夜寝る前に確認して”晴れ時々曇り”であった予報が朝起きて確認すると”雨”に変わることも珍しくありません

天気予報は、朝に必ず再確認する必要があります!

また、天気予報は里の天気の予報です・・・山の天気は、里よりも悪いと考えた方が無難です
(里の予報で曇りの時は、山では多少雨が降る可能性が高いと思ってください)

*基本的な雨対策

準備・装備

雨具は必須装備です・・・朝晴れていても・・・防寒にも使えますし・・・・・

  1. 雨具・・・上下別のレインウェアー(ゴアテックス等の透湿性がある物が良い)
    *コンビニで売られているようなビニールガッパは、風が強いと切れることがあります
  2. 傘・・・傘をさして歩くわけではありませんが、お弁当の時やザックの中身を出す時など・・・有ると便利
  3. ザックカバー・・・無いとザックの中身が濡れてきます
    *ザックの中身はそれぞれビニール袋に入れてパッキングする
  4. 登山靴、手袋・・・防水仕様がお勧め・・・特に夏以外は・・・

ザックカバーが有れば、わざわざビニール袋に入れてパッキングする必要は?・・・と思うかもしれませんが、ザックカバーだけで雨の侵入を完全に防ぐことはできません・・・持ち物のアンダーウエアー・タオル等が濡れてしまうと役に立たなくなります・・・用心に越したことはありません
(トレッキングの途中に山小屋や雨宿りができる所があれば・・・汗やレインウェアー内で結露した水で濡れたアンダーウェアーを乾いたものに変えるだけでかなり楽になります)

登山靴と手袋の防水については・・・
山の気温は里よりも低く、冬は当然のことながら、”春・秋”も以外と気温は上がりません・・・手袋や登山靴が濡れて水が浸みてくると指先、足先が冷えてきて結構辛いです・・・また、体の末端部は一度冷えてしまうとなかなか暖まりません

トレッキング中の雨

トレッキングの途中で雨が降ってきたら・・・困りますよネ~・・・特に気をつけなけらばならないのが、渡渉点(川を渡る)のあるコースです

  • 白谷雲水峡
    • ここは自然休養林として管理されているので、注意として入口の看板やパンフレットにも記載されています
      *川の水量と雨の様子によって散策制限がかかります・・・
  • 蛇ノ口滝
    • 注意看板等はありません・・・

上記以外のコースでも、普段はちょろちょろと流れているような場所なのに、大雨の時は増水して危険になる場所は・・・何箇所もあります

屋久島の川は急流なので流されたら助かりません・・・強い雨が降り始めたら引き返す、またはその先に行かない!等の慎重さが必要です

具体的にどれぐらいの雨で・・・というのは、前日までの降雨の様子によっても違います・・・また、自分のいる所が小降りでも川の上流で強い雨が降っていることもあるので・・・一言で、これ位・・・と言うことができなのがもどかしいのですが・・・・・

自然の中の歩き方

歩くスピードは、その行程に掛かる時間を左右する大切な要素です・・・当然、計画そのものに影響します

人によって歩くスピードは違いますが・・・同じ人でも、その場所から移動するために歩くのか?、そこの場所を楽しむために歩くのか?・・・によっても、スピードは変わってくると思います

計画を立てる時は地図の時間等を参考にすると思いますが、問題は、地図の時間は移動を目的とする時の時間が記載されている・・・ということです(休息等の時間は個人差があるので、自分で加えてください・・・という考え方です)

つまり、地図の時間だけで計画を立てると、歩いて移動するために屋久島に訪れることになってしまうわけです

白谷雲水峡やヤクスギランドはゆったりとしたペースでトレッキングすると、自然を感じながら素晴らしい一日になるのですが、 ガイドを付けていない人たちのペースは意外に早く・・・そんなに急がなくても・・・と思うこともあります

時間に充分に余裕をとって計画を立てても、知らない土地で、知らない山(森)を初めて歩くと・・・人の歩くペースは自然と速くなりがちです・・・ 自分がどこに居るのか分らない→何時着くか分からない→不安→ペースが上がる・・・こんなサイクルでしょうか?

*山での歩行スピード

普通、日常生活で目的地に移動する場合、平坦な所では時速約4Km(1分間に66.6m)だそうです

山道(日帰り・軽装で岩場など危険な場所を除く)では移動だけを目的とした場合でも日常の半分以下に下がります
目安として、普通の体力の人は汗をかいて頑張っても時速2Kmほど(ゆとりを持つと時速1.5Kmほど)・・・急な登りでは時速1Km以下になる・・・と考えればよいでしょう
実際の行動では、これに休憩(昼食)の時間が加わります

ちょっと待て!、地図の登山道に距離なんて書いて無いだろう!・・・
そうなんです・・・地図には移動時間(休憩・昼食の時間含まず)しか書いてありません・・・
地図の時間の基本は大抵の場合

  • 山泊まりの装備
  • 40~50代の登山経験者
  • 4~5人のグループ

と書いてあるのですが・・・これがくせ者

山泊まりの装備ならば20Kgくらいは背負うはず・・・自分は日帰りの軽装・・・同じ時間で十分だろう!と、誰でも考えるでしょう?・・・もうこの時点でに嵌っています・・・ハイキング地図を作るような山男は屈強!です・・・20Kg背負っても(普段運動しない)軽装のあなたよりも早く歩けます!

汗をかいて頑張れば地図の時間で歩くこともできるでしょうが・・・屋久島の山(森)を短時間で歩いたことが何になるんですか?・・・あなたは一生懸命に歩くために屋久島に行くのですか???

俺は**時間で行ける!と自慢する人もいますが、森を楽しむのとは眞逆の考え方と言えるでしょう

※屋久島のハイキング地図の時間は、コースによっても違いますが短めに感じる所が多いです

充分にゆとりを持って計画を立て、当日は心にゆとりを持ち、自然を感じながら歩けると良いですね!

事前のトレーニング

屋久島は海底下の花崗岩が隆起して今の島になった・・・と言われていますが、隆起してできた山は深い谷を持つ急峻な地形になります・・・急な登りが続く山の登山は体力が必要です
日帰りの軽装であることを前提に日常生活でできるトレーニングをご紹介します

特に、以下の条件に当てはまる方は・・・トレーニングをすることをお勧めします

  1. 運動不足を感じている方
  2. 病気や怪我で長めな入院をしたことのある方
  3. 若いときと比べて体重が増えている方
  4. 若いときにスポーツ経験が有り、自信のある中年以降の方
  5. スポーツジムに週2回くらい通っている方
  • 1~3はお分かりになると思います
  • 4は自信が裏目に出ることも・・・年をとると確実に体力は落ちるという残酷な現実・・・
  • 5が問題です・・・何で???・・・と思う方が多いと思いますが・・・
    スポーツジムには様々なトレーニング機器がありますよね?・・・脚力の持続性を鍛えることはあまり楽しくないので、時間を割いていないという人もいるんです

お勧めのトレーニング

お勧めするトレーニングは・・・速歩です・・・お金はかかりません・・・

  • 通勤時、いつもより一駅離れた所で下車して歩きます・・・距離にして2~3Kmくらい
    (途中に上り坂や昇り階段があるとさらに良い)
  • ペースは脈拍が120~130(若い人)になるくらいで・・・歩幅を広めにとって元気よく!
    ※中年以降の人は苦しくならない範囲で、心臓がドキドキするぐらいのペース
  • 昇りでエレベーター、エスカレータはできるだけ使わず階段を使用する・・・元気な時は一段飛ばしで・・・
  • 毎日とは言いません・・・一日置きくらいで3か月間(若い人)~半年(中年以降)~1年(還暦以降)・・・

これだけで結構違います・・・老婆心ながら・・・当日の山では大股の速歩はしてはいけません

宿

自分がトレッキングしたい場所に短時間で行ける地域に宿をとるのが良いでしょう・・・特に、出発時間が早いトレッキングがある場合は、その日を優先して・・・少しでも睡眠時間を確保することも大切です!

トレッキングの計画に合わせて宿を変えていくことも手ですが・・・宿を変えると昼間に全部の荷物を移動させなければならなくなります・・・移動がバスだと結構面倒・・・移動にレンタカーを使うか、無料送迎をするガイドを使う場合はガイドの車に乗せてもらえば解決するのですが・・・
※コインロッカーを使うことによって昼間の荷物の問題を解消する手もあります(コインロッカーは宮之浦と安房にあります)

トレッキングの疲れを温泉で癒したい・・・と、ご希望の方は屋久島の南部に宿をとると便利です・・・
源泉掛け流しの温泉は屋久島の南部にしかありません

装備

このサイトで説明しているのは春~秋までの話です・・・冬に山に登る人は、こんな説明はいらないでしょう・・・説明が必要な人は、冬山登山は止めるべきです

雨の島ですから・・・雨具をはじめ・・・靴や小物も防水性が求められます
特に、春・秋は雨が降ると気温も上がらず・・・山では寒い思いもします・・・舐めてはいけません!

山の装備は、少しでも万全に!が基本です(重量との兼ね合いもありますが)

具体的な内容は、まず、装備・服装等をご覧ください・・・更に詳しく・・・例えば、登山靴買いたいんだけど、選び方は?という内容に関しては新しいページを準備中です・・・近いうちに追加する予定ですので、できたらそのページをご覧ください

山登りは経験がないし、これからも特にするつもりがない・・・という人は登山用品レンタルがお勧めです

ガイド

トレッキング中に道に迷うか?と聞かれれば、メジャーなコースであれば人もいますし、多少のトレッキング経験とゆとりを持った計画があればあまり心配はないでしょう・・・

ガイドを使うと、一人あるいは自分達のグループだけで歩いていると気づかないようなことを教えてくれたりして より多くの発見があるでしょう・・・また、山に不慣れな人にとっては頼りになり、安全に関しても気づかないような所にも配慮してくれたりします

特に不安のない人も、折角訪れた屋久島で多くの発見をするために、初日にガイドを使って屋久島について色々と知った上で、 2日目以降の行動をする・・・というのも一つの方法だと思います
また、無料で送迎をしてくれるガイドに依頼すると移動についても解決してしまうという利点もあります

ガイドの形態

島のガイド全般について説明すると・・・ガイド形態についてはプライベートツアーと混成ツアーの2形態があり、下記のようになります

  • プライベートツアー・・・申し込んだ人の貸し切りです
  • 混成(合同)ツアー・・・他のグループと一緒になります
  • *プライベートツアーは一人あたりの料金は割高になる傾向がありますが、貸し切りなので気を遣うことなく楽しめます
    (疲れた時の途中変更も可能)
  • *混成(合同)ツアーは他のグループと一緒になり、料金は割安になる傾向があります
  • *定員はどちらのツアーも4人~8人とツアー会社によって違いがあります

人数は少ない方が手厚いガイドが期待出来るでしょう・・・ 料金だけでなく、定員も考慮した方が良いかもしれません
また、プライベート、混成(合同)の区別を明確にしていないところは混成(合同)と思った方が良いでしょう

自然に不慣れ人にとっては、ガイドを使うと安心材料としても大きなものがあります・・・
しかし、ガイドを依頼したとしても歩くのは自分自身です・・・ 自然の中に分け入るのであれば、自分の足で歩き、帰ってくる体力を付けてくるのは自己責任として必要なことだと思います