不定期・・・屋久島 ぐうたら日記

HOME > 不定期・・・屋久島ぐうたら日記 > 2015年 7・8月


  2015 年

7月8日  クワガタ2種・・・・・

クワガタ クワガタが”捕まりました”!

捕まえました・・・ではありません・・・
あくまで、”つかまりました”・・・・・です

暖かい海岸線沿いの地方ではシロアリという生き物がおりまして・・・梅雨も後半になってくると、勢力拡大!?のため 巣から有翅の雌雄の生殖虫が飛び出し・・・大群となって飛び回る・・・厄介な出来事があります

屋久島のシロアリは”イエシロアリ”でして・・・(家を壊すという意味で)世界で最も凶暴なシロアリと言われている奴です

クワガタの話じゃないのかって?・・・・・そうなんだけどちょっと待って!・・・

そのシロアリが家に着くと、大量に入ってきて・・・天井を歩きまわって・・・挙句の果てに落ちてくる・・・寝ている顔の上に・・・・・
寝られないので・・・・・天井に向かって一晩中掃除機をかけてシロアリを吸い取る・・・・・

こんな寝られない夜を防止するため・・・外に捕虫用のライトをつけて・・・家に着く前にシロアリを集め、落としてしまう・・・ ということをしているのですが・・・・・ワンシーズンで多い年は洗面器一杯のシロアリが捕れます・・・・・

いや〜・・・長い前置きで・・・・・すみません・・・・・

このシロアリ捕獲用の光に、クワガタも寄ってくるんですね!?
今年は2頭捕れました

  逃走か! 結構活発に動き回り・・・
放っておくと直ぐに逃げ出します

一度は逃げられました・・・紙の箱に板の蓋をして本を重石にして載せておいたのですが・・・・

本を退ける、結構なパワーです・・・しかし、逃亡先は家の中・・・・昨夜、ブーンと大きな音を立てて飛んだ所を・・・御用!・・・となり・・・・・やっと写真を撮ることができました

ところでこの2頭、種類が違います・・・判ります?!・・・・・それぞれアップするとですね

ヒラタクワガタ ノコギリクワガタ 左のがヒラタクワガタ・・・・・・・・・・・右のがノコギリクワガタ・・・です
アゴの形が違うでしょ

用心のため、厚手の皮手袋をしています・・・・・挟まれると相当痛いらしいので・・・・・
ちなみに、こいつら結構気性が荒いです・・・・・

サイズは、どちらも・・・大体・・・6cm位でしょうか?

測定 大体じゃなくて、キチンと測れって?

クワガタとかカブトムシはノギスを使って測るそうなので・・・・・真似をしてみると・・・

このノコギリクワガタで61mmですかね!

クワガタは60〜69mmを大型、70mm以上を特大型をいうらしいので・・・
こいつは初心者マーク付きの大型というところでしょうか?

ページTopへ


7月29日  花山歩道(広場まで)・・・・・

台風の影響が無くなり、あれほど降っていた雨が嘘のように・・・やたらに暑い日が続いています。 花山歩道を歩いて来ました・・・写真で見て良い所だと思い、行こう行こうと思いながらもサボリ続け・・・・・恥ずかしながら今回が初めてです・・・・・

登山口 標識UP 登山口の看板です・・・今まで行かなかった理由・・・実はここまで来るのも結構大変・・・
登山口の標高は500m程なのですが、県道から6Kmほど、タクシーも行かないという噂の荒れた道を行かなければなりません・・・・・
とんでもない道の凸凹で普通の車ではお腹をぶつけて進めなくなったり、壊れたり・・・昨年の秋は台風で崖が崩れ通行止めだったし・・・・・

右のイラストマップには登山道概略が・・・原生状態の森が良く保全されている・永田岳まで片道10.3Km・標高差約1400m・往復12時間30分の道のりです・・・・・と書かれています

この時間を信じて登った人は、大変な思いをしたと思います・・・・・私見として言わせてもらえれば、普通の人が多少の荷物を背負った時、こんな時間で行って帰られるわけありません!!
いったい、どれだけ鍛えた人を基準にしているのでしょうか?!

歩かなければ着きません・・・兎も角出発・・・・・

何度か急な所を過ぎ、大汗をかいて・・・世界遺産地域に入ります

世界遺産境界表示板 新世界遺産境界表示板 左が旧表示、右が新表示、新しいのはプリントなので地図などの細かいものも表示できて便利ですが・・・・やっぱり古い方が雰囲気があっていいですよね!

登山道 標識 歩いていて気になるのが、登山道マーク(赤いリボン)が少ない・・・下りでも見えるか振り返って確認しながら進みます・・・・・そのせいで、ちょっと余分に時間もかかります・・・・・
この下を潜るのも道です・・・時々、こんな古い表示も出てきます・・・ちょっと傾いています・・・・・

さらに何度か急な斜面を登り・・・標高1200mを少し過ぎると、穏やかな斜面に変わってきます

大龍杉 少し進むと・・・出てきました・・・大龍杉です

周囲7.1m!・・・・・
この尾根沿いでは唯一の名のついた杉です

もともと杉は湿気が好きなので、乾きやすい尾根沿いにはあまり大きなものはないのですが、ここのように稜線広がった傾斜の緩い部分は杉にとって心地の良い場所なのでしょう・・・・・

特にこのあたりから太い木が増え、重みを感じるような森になってきます

落ち葉を踏みしめながら・・・長い時間の中で育まれた森を感じ・・・ゆっくりと歩みを進めます

原生林1 原生林2 今日のように天気の良い日は・・・少し昼寝をして・・・数時間ゆっくり出来たら・・・・・ 本当に贅沢な時間になるでしょう

そんなことを思って歩いているうちに花山広場に到着・・・・・きれいな水場もあります

原生林3 水場 屋久島を訪れる人に、ぜひこんな場所を・・・!! と、思うのですが・・・
ここの最大の弱点は・・・標高差もあり、結構しんどい!!
今日の広場まででも、縄文杉より少し厳しいかも?!
さらに、登山口まで道が荒れすぎ・・・車が壊れる!!

あ!、それから、ヒルがね!・・・帰って登山靴を脱いだら、一か所やられていました
そう言えば、登山口の表示にも山ビルが多いって書いてあったっけ!!

ページTopへ


8月22日  崖崩れ・・・・・

ロフトの窓から 屋根の上から 朝起きて、ロフトの窓から前岳を眺め・・・・・ウ〜・・・ン?・・・あれ?!
山肌の上の方が・・・一部白くなっています・・・
前、あったっけ??・・・いつから???・・・・・起きたばかりの寝ぼけた頭の中で・・・
多分、7月の台風で???・・・だと思います・・・

窓からでは山の上の方の一部しか見えなので・・・屋根の上にあがって撮ったのが右の写真
山の斜面が崩れ落ちている様子がわかります

近所の人が・・・このところの断水・節水の原因だ・・・と言うので、どうなっているのかと思い、上の林道まで一緒に行って見てきました

道路を塞ぐ 道路の法面 崩れています・・・・・見事に・・・林道を壊して・・・・・
道路下側の法面は幅30mくらいに亘って・・・上から落ちてきた土砂に流されたんでしょう・・・・・

崩壊した崖 道路に堆積した土砂の上を歩いて行って上を見上げると・・・・・すごいです・・・・・

写真の最大の弱点は大きさが写らないことですが・・・・・
ちなみに、上の方にある細い、マッチ棒みたいに見える杉の木は・・・ おそらく、直径で50cm位、高さは最低でも10m以上の木です
・・・ということは、木の手前に転がっている岩の大きさも何となく見当が付きますよね!

写真で迫力を伝えることは結構難しい!・・・・・

ここから見える崩落面は屋根から見えた下の方の一部で・・・・・ここから上に、ずーっと繋がっているわけで・・・・・ 相当な量の土砂が流れ落ちたと思われ・・・・・
道路の上にも岩がごろごろと落ちています・・・なぜか番号?・・・

路上の岩 今年は梅雨に結構降っただけでなく、台風でさらに降って・・・島の彼方此方で崖が崩れたり、道路が陥没したり・・・・・

直すのはいつごろ?・・・何にしても少し様子見でしょう・・・
まだ崩れる可能性もあるし・・・・・

来週早々にまた来るし・・・・・

ページTopへ